スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七色
スポンサー広告  

高校という名の冒険
はい。
憑かれました七色です。
今日は二つ報告がありますぜ。

まず一つ目。
これは全く関係ない話ですが、受験する私立高校の下見に逝ってきました。
電車、バス、昼食含め2000円程出費しました。
自腹は痛いです・・・。
高校ですがまぁなんというか、ものすごく入りづらかったです。
私立ですから当然土地の所有権はあちらにあってですね(そうだよね?)、そんな事考えてたら
高校なんて見えないのに門がでかでかと建ってるわけですよ。
怖い怖い。
そこで友人と話し合った結果(多数決取りました)
「何も見なかった事にして帰る。」
という提案になりました(キリッ
そこで帰ろうとしたとき、
「今ここで帰ったら俺たちはただのチキン野郎として見下されるのではないか!」
という友人の声が・・・。
はい。勇気を出して門をくぐりました。
逝きました。
軽くスルーをして帰りました。(キリリィッ

二つ目です。
もう俺は俺の存在が終わってると思いました。
そして、この社会はまだ捨てたものじゃないと思いました。
その後、やはり終わってると思いました。
何が言いたいかって?
はい。今日高校の下見をしたあとメロブまで行って参りました。
というか、本音はメロブです。(ついでに、友人は帰りました。)
高校なんて建ま(ry
なんか気づいたら5000円程使ってましたww
メロンブックス・・・恐ろしい所!
んで、話しを戻しますが、
電車の中で一人で暇を持て余している時に、
ほんとにね、正常とは思ってませんが、異常でもないだろうと信じてたんですよ。自分の存在を。
                              倒置法ですよ~。テストにでま(ry
本当ですよ?最初は小説の事考えてたんですけど・・・。
いつの間にかアリスの事を考え始めまして、
はい。あのですね
急に・・・鼻から赤い液体が・・・w
びっくりなんてレベルじゃすみませんよw
なんかもう自分の存在が終わってると思いましたね。
(ぐ、偶然に偶然が重なっただけさ!)
まぁティッシュを持っているわけなど無くてですね、垂れ流すなんて電車の中じゃ出来ませんし
困ってたら、目の前の人が
「大丈夫?」
と言ってポケットティッシュを差し出してくれました。
ほんと、感謝感激ですよ。
「ぅぁ、あびがとうごばいばず。」
みたいな声でお礼を言って鼻に詰め込んだんですがその時
そのティッシュを差し出してくれた方のかばんを見たら・・・
アリスのキーホルダーが・・・
悪化しました。
ティッシュが一瞬にして赤に染まりました。(上を向いてたからですよ!)
はい。なんか終わってるなぁーと思った七色でした。
はい。なんかすいませんでしたw



東方が起動したよ!
これで勝つ(ピチューン
スポンサーサイト
七色
日常   4 0

PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。